四方山話

創業100年の貝印さんがお届けする「カイタッチ・プロジェクト」にマーケティングの大切さを見た

kai_touch.jpg貝印と聞いて思い浮かべるもの。
ツメキリ、カミソリ・・・うーん、あと何だっけ?
そんなきっかけで貝印さんのサイトを拝見しましたところ、な、なんと台所用品やお菓子作りの道具まで持ってたんですね、びっくり。
あ、よく見ると包丁の「関孫六」ってうちにあったなぁ、なんて。

創業も2008年で100周年だそうで、すごい老舗なんだなぁと思ってサイトをグルグル回っていると、KAI TOUCH Project!というのを発見。

貝印がお届けするカイタッチ・プロジェクト。あなたは自分のブログにお題の答えをエントリーするだけ。貝印からみなさんのブログにコメントしにうかがいます。

というものだそうです。

貝印の「カイ」とハイタッチ、イェーイの「タッチ」をドッキングして「カイタッチ」。
このノリもいいですね。
このカイタッチ・プロジェクトに関する記事を探していたところ、次の記事が目に留まりました。
マーケティングis.jpカイタッチ・プロジェクトの舞台裏という記事です。
結構なボリュームのある記事でしたが、記事の内容全てが自分の置かれている立場に合致するもので、思わず「うんうん」とうなづきながら最後まで読みました。
もし、自社のお客様との接し方がわからないとか、接する部署に配属された時のモチベーションの高め方がわからない方は、ぜひお読み頂ければと思います。

ウチの会社も、規模は違いますが消費財のメーカーなんです。
お客様の声ほど大切なものはないと思いますし、お客様の声を無視したモノ作りほど意味のないものはないと思うのです。
郷司さんの「お客さまの声に直接触れて、悪いことなんて、絶対ないはず」という強い言葉に、ポンっと背中を押された気持ちになりました。

トラックバックキャンペーンや自社サイトに掲示板を設けたりして、ユーザーさんに来て頂く発想は誰でも持てますが、メーカー側からアクションを起こして、ブログにコメントを残したりするのって、実は出来そうでなかなかできないんですよ。
私も以前、ほんの少しの期間ですが、当社製品について記事を書いていただいた方のブログにお邪魔して、コメントを残したことがあるんです。

日々是好日 by meow:「若き女神」

@MILKCHEESE@:「カエルのクロール」

ブログにコメントを残すのって、本当はとっても怖いんです。
ドキドキするし、突然コメント残して驚かせたらどうしようなんて思い始めたら、なかなか出来るものじゃないんですよね。
それこそ自分のコメントがそのブロガーさんつながりの何十人、何百人もの方に見られる訳じゃないですか。
私は、結構ビビりなのでいつのまにか止めちゃいましたが、続けていたらどんな感じだったのかなぁと思います。

貝印さんのカイタッチ担当者が現在21人だそうです。
チームゼロピーは現在、ヒラオカとタナカの2名。
この2名が数年後に21名になったら、これってすごい事じゃないですか?
いや、きっとなるような気がするんですよね。オッサンの勘は鋭いんです。

貝印さんからたくさんの事を学んだので、ハンドミキサーはセレクト100マルチブレンダーを購入することに決定しました。
購入したら「あなたのお宅にも貝印製品」で記事をアップしまぁす!
メレンゲや自家製マヨネーズ作りに大活躍しそうな予感・・・。じゅる。

By たなか

2件のコメント

  1. おぉぉぉぉぉっっっっ!!!!!!
    すっ、すごいっ!
    はーらださーん!カ、カ、カ、カイターーーッチ!!!(*^ー^)八(^o^*)イェイ!
    本当にカイタッチして頂けるんですね、びっくりしました。
    あ、取り乱してすみません。
    タカナと申します、どうぞよろしくお願い致します。
    本当に来て頂けたらうれしいなぁと思っておりました。
    こんな気持ちは、小学校の頃、家庭訪問の学校の先生を自宅で待っている時の気持ちによく似ているなぁと思いました。
    あれからもう30年も経ってしまったのですが、その時の気持ちが目の前にブワーーっと蘇りました。
    素敵な経験です、ありがとうございます。
    今後ますます発展するカイタッチプロジェクト。
    どんな風に育っていくのか、私もめちゃめちゃ楽しみです。
    今後、色んなメディア、色んな売場、色んなコンタクトポイントで貝印さんの事を見聞きするたびに、きっと今までとは違って、親近感を持った目で見る事ができそうです。
    それこそが本当のマーケティングであり、ブランディングですね。
    大切な事を学ばせて頂きました、本当にありがとうございます。
    これからもどうか体に気をつけて頑張って下さい。
    いちファンとして応援させていただきます。
    by ウチにあった3つの爪切り全て貝印だったよ、たなか

  2. こんにちは!
    カイタッチ・プロジェクト!担当者の原田と申します。
    この度は、カイタッチについて取り上げて下さり誠にありがとうございます!
    うかがうまでにお時間があいてしまい、申し訳ございません。
    たなかさんが仰るとおり、僕自身もお客様の「ウェブ上のお宅」ともいうべきブログに訪問し、コメントを残すことはとっても怖いと感じています。(実は今もドキドキしています。)
    「勝手に訪問して迷惑じゃないだろうか」は、プロジェクト始動時に担当者の間で最も不安だったことです。
    それでも、結果的には喜んでくださるお客様が多くいらっしゃり、とてもありがたく感じています。
    プロジェクトを通していただいたお客様の声を大切にし、よりご満足いただける商品をお届けできるよう、努力してまいります。
    カイタッチ・プロジェクト!も、まだまだ発展させていく予定ですので、今後もご注目いただけましたら幸いです。
    また、弊社製品「関孫六」をお使いいただいているようで、重ねてお礼申し上げます。
    使い心地、切れ味はいかがでしょうか?末永くご愛用いただければと思います。
    「実は貝印のマークが!」という商品は、意外と家の中に潜んでいたりしますので、もしお時間などありましたら探してみてくださいね。
    新しいエントリーも、心待ちにしております。
    これからも、貝印、カイタッチ・プロジェクト!を、どうぞよろしくお願いいたします。
    ※弊社サイトにリンクを貼らせていただきますが、不都合等ございましたらご連絡下さい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

タグ: , ,