温泉・銭湯のこと 中部 キャンペーン

僕たちも笑顔になりたくて・・・こちらも第5弾(^^)

夜行バスと社用車を乗り継いで、やってきました日本海(*^^)v
冬の日本海といえばカニ!

2013-02-03 14_09_27№(041)

車を走らせていると、思わず頬が緩むこんなお店を発見。

2013-02-03 14_08_10№(038)

道を挟んだ向かいに田島魚問屋さん直営のお食事処。

20130204 018

ちょっと敷居の高そうな門構えではありましたが、折角ここまできたのだからと、入ることに。

なんと、こんな田舎の漁村なのに行列が出来ているではありませんか。(ちょっと言い過ぎましたごめんなさい)

待つこと30分。

ようやくありつけました。

それがこちら、ドン!

2013-02-03 13_53_20№(034)

海鮮丼2,500円
やっぱ違うわ~ 新宿で食べるワンコイン海鮮丼とは・・・。
このボリューム。この鮮度。ネタの前にご飯が無くなるなんて・・・(*^^)v

大満足の海鮮丼でした・・・。あれ?カニは?
カニ丼5,000円は、もうちょっと出世してからにお預けです(;_;)/~~~

大満足の一行は。車を進めること暫し。
すぐお隣には福井県屈指の温泉街「あわら温泉」があるではありませんか。

20130204 031

そういえば、昨夜は夜行バスに揺られて、お風呂にも入っていなかったことに気付き、お客様にお会いする前に、きれいに身支度を整えなければ、と思い急遽温泉に。

あわら湯のまち駅前の公園の向かいにありました、湯元の宿芦原荘さんのお湯をいただきました。

20130204 028

「無色透明の含塩化土類弱塩泉にてラジウムエマナチオンを含み73℃あります。」と書いてありました。
飲泉にも適しているということで、ちょっとしょっぱめのお湯を味わいました。飲泉は本来食前では・・・?

笑顔の日本海はこれくらいで・・・。
次は広島編

広島はやっぱり遠い。朝一番に本社(岐阜)を発って、お昼過ぎにようやく到着。

広島と言えばカキ!
カキを食べるためには海に行かなければ~と思いつつも、そんな時間はありません。
昼食に許される時間は1時間。
急ぎ、駅ビルに。
ひろしま駅ビルの名前はASSE(アッセ)。
フロアガイドを見ながら6階に。
なんと、広島グルメの充実していること・・・。広島焼きに穴子丼、お刺身定食にカキフライ。
迷うこと迷うこと・・・。
でも結局は名前に惹かれて、かき名庵さんのカキフライ定食に決定!
カキフライに牡蠣飯、かきの佃煮もついて1,300円也!

20130204 053

しかもなんと、牡蠣飯お代わり自由!うっそ~
きっとご飯だけで、お代わりには牡蠣はのってこないよね・・・。
のってきたら罰が当たるよ・・。

バチあたりーーー。

20130204 054

大大大満足な、かき名庵さんでした。正解!

そして任務を終えて帰りの道すがら、お昼にチェックしておいた、アッセにもう一度。
東京到着が12時近くになりそうなので、ちょっと早目の夕食を!

20130204 064

麗ちゃんの広島焼き~!!
しかも、この時季限定の、生カキ そば お好み焼き(1,250円)

2013-02-04 17_19_30№(048)

見よ!威風堂々たるこのお姿(*^^)v

2013-02-04 17_25_57№(052)

広島は牡蠣三昧でございました。

やめられませんこの企画・・・。

by ひらおか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です