入浴関連死1万7000人 「泉中八策」を呼びかける

20130204

昨日の新聞にこんな記事を見つけました。
全国推計 入浴関連死1万7000人
(東京都健康長寿医療センター研究所まとめ)

昨年の4月には入浴中の死亡者数は推計1万4000人との厚労省の発表がありましたが、今年はそれより3000人も多い発表になりました。

お風呂文化伝道師として入浴の気持ち良さ、楽しさ、入浴を通しての家族との絆、さまざまな入浴のポジティブな情報をお伝えさせて頂いておりますが、その楽しさを支えるのはやはり日頃からのちょっとした備え。

日本人を支える入浴習慣が、悲しい事故に繋がらないように、「泉中八策」を流布していかなければと決意を新たにいたしました。

「泉中八策」

一、食事の直後は入浴を控える事。飲酒後は危険!

一、家族にひと声かけてから入浴する事。

一、入浴前後にコップ1杯の水分補給を欠かさない事。

一、足元から徐々にかけ湯をして温度に体を慣らす事。

一、42度以上のあつ湯を避けてぬる湯に浸かる事。

一、首までどっぷり浸からずに半身浴を楽しむ事。

一、浴槽から上がる時は急に立ち上がらない事。

一、冬は脱衣所や浴室を暖める事。

by ひらおか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です