R・Project 四方山話

「奇跡のリンゴ」を見てきました。

20130625

年なんですかね~。最近、涙腺がことに弱くていけません。
一人ボロボロと涙していました。

木村秋則さんのご苦労は映画で見る何十倍も何百倍も壮絶なものだったのではないでしょうか。
農業のこともリンゴのこともさっぱり無知で、どれほど大変なことか計り知ることができませんが、無農薬でのリンゴ栽培は本当にすごいことなんだと思います。
腐らないリンゴ、いのちの林檎を僕も食べてみた~い。

木村さんが無農薬でのリンゴ栽培を成功させるまでに費やした、年月が11年。
自殺を考えるまで追い込まれた、壮絶な闘いの日々。
奇しくも弊社創始者、佐分利清一が湯の花と格闘した年月も11年。
きっと創始者もギリギリまで追い込まれた中での入浴剤完成だったのだと思います。

そして、リンゴも温泉も天然にして自然の妙が作り上げてくれる不思議な一致も感じました。
リンゴ栽培はリンゴ本来の力を引き出すために、あえて何もしない。リンゴが花を咲かせ、実を付けるお手伝いをするだけだとも木村さんは語っています。
佐分利も天然の温泉の力を信じ、頼り、湯の花から入浴剤の製造にいたるまで、温泉の力を引き出す手助けをするだけの製法を生み出しました。

バカになって作り上げてくれた入浴剤。
僕はバカになって世の中に伝えていきたいと思います。

by ひらおか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です