四方山話

紅葉の秋、スポーツの秋、したがって入浴の秋

明日も天気が良さそうなので、ひょっとするとハイキングに山登りに、お出掛けになられるご予定があるのではないでしょうか?

先週、国際ノルディック連盟並びに日本ノルディックウオーキングフィットネス協会公認アドバンスインストラクターで看護師、関西ノルディックウォーキング協会 クラブサンタクロース代表の太田千賀子さんの講演会に行ってきました。

ノルディックウォーキングって知っていますか?

ご近所の方に誘われるままに、何の予備知識も無くお邪魔させていただき、びっくりしました。

そういえば最近、スキーのストックのようなモノをついて歩いている人がいるよな~。
山登りの感覚で補助的に持っているんだろうな~。

そんな感じで見ていましたが、講演会をお聞きして、ノルディックウォーキングの奥深さに驚きました。

もともとは荻原選手がオリンピックで金メダルをとられ、誰もが知るスポーツになったノルディックスキーの夏季トレーニング用としてはじまったスポーツだそうです。
ですから、あのポールは歩行用の補助ではなく、逆にトレーニングとして鍛え上げるための道具だということでした。

確かに確かに、ただ歩くだけより、上肢も鍛えられていいのではないかと納得しました。
上肢、下肢、きっと腹筋も背筋も鍛えられ、体幹バランスが鍛えられると思いました。

スポーツの後の筋肉疲労には入浴が最適です。

最近知ったことですが、オリンピックに出られる有名選手のお話でしたが、身体のケアのために人一倍入浴に気を使われているということでした。
そこで、より効果的な入浴のためにオブクレイをお勧めさせていただきました(*^^)v

by ひらおか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

タグ: , , ,