肌の悩みが消える美肌水 医師 今井龍弥著

ミョウバンについて、こぴっと気になり調べてみたら、こんな書籍を見つけましたので、いつもお世話になっているAmazonさんで購入し、先週末、時間を見つけて読んでみました。

20140415

今井龍弥先生によりますと、ミョウバンって凄い効果があるんですね。

まず、ミョウバンについてですが、今井先生が使われているミョウバンは食品売り場にある漬物用の焼ミョウバンだそうです。

この焼ミョウバンをどのように使うのかというと、“ミョウバン水”にして化粧水の代わりに、また入浴剤の代わりに、蒸しタオルにしみ込ませて使うことを推奨されていました。

では、“ミョウバン水”の作り方を抜粋させていただきます。

●用意するもの
ミョウバン(スーパーで売っているもの)
容器(空いたペットボトル)

●作り方
【ミョウバン原液】
容器に水道水1.5リットルを入れて、そこに焼ミョウバンなら50グラム、生ミョウバンなら75グラムを加え、容器にふたをしてよくふって混ぜ合わせる。
はじめは粒が残って液が白いのですが、2~3日おいておくとミョウバンが溶けて液が透明になります。ミョウバンが溶けたら出来上がり。

ミョウバン原液はそのまま使用はしません。
必ず以下のように薄めて使います。

【ミョウバン水】
水道水100ミリリットルにミョウバン原液をペットボトルキャップ1杯(約5ミリリットル)
【ミョウバンリンス】
洗面器1杯(約3リットル)にミョウバン原液ペットボトルキャップ1杯(約5ミリリットル)
【ミョウバン風呂】
お風呂の湯200リットルにミョウバン原液ペットボトルキャップ5~10杯(20~50ミリリットル)

効果の話はまた明日!

by ひらおか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です