アロマに認知症予防、ボケ防止の効果?

認知症予防、ボケ防止の効果といえば、少し前に話題になったアロマがありましたね。
某テレビ局のたけしさんの番組で取り上げられ、その後ネットでも動画はUPされるは、いろいろな方がBlogの記事にされるはで、大騒ぎでした。

それもそのはず、アロマの香りを朝晩嗅ぐだけで、認知症予備軍だった方の症状が歴然と改善した、そんなお話でしたので話題になるのも当然ですよね。

番組のホームページから

 
認知症を発症すると最初にダメージを受ける「嗅神経(匂いを感じ取る神経)」を何らかの香りで刺激することで、その機能を再生させ、さらにそこにつながった記憶を司る海馬も活性化。これによって認知症を予防・改善できるのでは、と考えたのだ。
そして先生は、数ある香りの中からどんなものが嗅神経に良いのかを分析。その香りを実際のアルツハイマー型認知症の患者さんに嗅いでもらい、認知機能の改善度を調べること10年。
ついに脳の若返りが期待できる“ある香り”にたどり着いたのだ。
 

香りは記憶と結びついていると、以前記事にしたことがありましたが、まさしく裏付けられる内容でした。

やっぱり香りは大切ですね。
現在また新たに、新商品開発のため香りと格闘中!

カリス成城さんのホームページから
20140522

朝にすっきりブレンドオイル(ローズマリー×レモン)
夜にゆったりブレンドオイル(ラベンダー×オレンジ)

by ひらおか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です