四方山話 左党

お酒の話1、「過ぎたる飲酒は、及ばざるがごとし」

お酒の話が続いたので、ちょっとお酒にまつわるお話を!

酒を飲むのは楽しいのですが、飲み過ぎると失敗も多くなります。
ビール祭りの中でもお知り合いになった方々と武勇伝に花が咲きました(^.^)
「百薬の長」とも言われるお酒ですが、過ぎると、がん、高血圧、脳出血などの危険も増すそうです。
では、適量とはどれくらいを言うのでしょうか?

1ドリンクの酒量=
・ビール、発泡酒、果実酒(5%):250ml(中びん半分)
・日本酒(15%):0.5合
・焼酎(25%):50ml
・酎ハイ(7%):350ml缶半分
・ウイスキー、ブランデー(40%):30ml(シングル1杯)
・ワイン(12%):110ml(ワイングラス1杯)
としたとき、

男は、1日2ドリンクまで
女は、1日1ドリンクまで
と、ネットの中にありました。
女性は、男性に比べてアルコールの処理能力が低いので、男の半分が適量とのこと。

へぇ~だめだ、こんなんじゃ、呑んだうちにはいんない。
これは、とりあえず(乾杯)で、ここからスタートでしょ?

ここから約10倍近く呑んでいます(~_~)

「過ぎタルは猶及ばザルが如し。」ではなく、
「ひらおかはタルオカにあらず、ザルオカのごとし。」と言われ、飲ませるのがもったいないと言う意味までくっついています(T_T)

そろそろ体に注意しながら飲まなければいけませんね。
自戒を込めて。

20140925月桂冠さまの仕込み水

by ひらおか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です