四方山話

エイプリルフール ウソであってほしい本当の話

4月1日になってしまいました。
昨日でついにクロネコメール便は廃止となりました。
しかし、交渉の結果オブクレイのメール便はもう暫く対応させていただきます。
といっても期限付き9月30日までです。
その後はどうしようかと思案中です。

でもやっぱり変です。
話のすり替えのような気がします。
今回のこの問題は間違いなく、ヤマトさんの体のいい値上げでしょうね。
確かにメール便サービスは安過ぎますからね。
無理があったのでしょうね。
でも、そうならそうと言ってよ!って感じです。

20150401

ヤマトさんは総務省、郵便法に対する抗議ような書き方で、今回のメール便廃止を決定した、なんてそんなそぶりで案内をしておりました。
しかし、4月にはいっても、その前からも「信書」の扱いについての注意事項は何もありません。
メール便をはじめ宅配便も同様に「信書」は同封できないはずです。
メール便廃止を決定した経緯が「信書」の扱いについて云々であれば、当社で言えば宅急便やメール便(今はクロネコDM便)への納品書、請求書の同封について注意がなされてしかるべき。
でもそんなことはお構いなし。
逆に僕たちが今回のことをきっかけに、納品者や請求書について検討して、法律遵守というか抜け道を一生懸命探しました。

結論は、透明、無封の封筒に入れた「納品書」「請求書」は商品の「添え状」の扱いになるとのこと。
これでも安心できませんので「納品書」「請求書」という表示を変更し「お届け商品のご案内」とさせていただきました。
記載されている内容は以前と変わりませんが・・・。
もうひとつ、「手書き文書は入れない。」ということです。
手書き=手紙=信書と疑われますからね。

しかし、メール便が廃止になったので9月30日までは現状のまま対応しますが、それ以降は料金の高い新サービスに切り替えてくださいと言われております。

ネット上、せどらーと呼ばれるオークションなので物販をさえれいらっしゃる方々は既にお困りのようですが、僕たちも半年の猶予しかありません。
さぁどうしようかな~
困った!困った!

by ひらおか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です