入浴・入浴剤のこと 温泉・銭湯のこと

アレルギーとお風呂、アトピーと入浴剤について考える

お風呂と美容、痩身の関係を調べていて、もうひとつ気になったことがありました。
からだを温めることは代謝の促進につながり、美肌、ダイエットの効果が期待できるという事でしたが、「免疫力のアップ」や「ヒートショッププロテインの活性化」にもつながるということです。

20150609

このブログにも書かせていただいたことがありますが、僕はこの会社に入る前はお守り代わりの喘息の吸入器が手放せませんでした。写真のようなものです。
小学校に入学する前くらいから、発作はずっと続いていました。
大人になると吸入器を処方して頂けるようになり、発作が出そうになるとシュッとするんです。
でも、これ結構怖いんですよ。
すごく楽にはなるのですが、心臓の鼓動が激しくなるし、瞳孔が開く感じがします。

そんなわけで、当然アトピーでもありましたし、花粉症は30年前に発症していました。

それが、会社に入社してお風呂にしっかり入るようになり、温泉を巡るようになってからは、喘息もアトピーもなくなり、花粉症ですら以前に比べると随分改善されました。
お風呂のお陰です。

その因果関係については漠然と考えていましたが、からだを温める効果だったんですね。

社内の若手が風呂ジェクトというチームをつくって、とても興味深いことを進めています。
岐阜県の子育て支援NPO法人さまの協力を得ながら、乾燥肌、あせも、湿疹などお肌のトラブルに悩んでいるお子様のモニター調査を行っています。
3ヶ月間、当社入浴剤をお使いいただくと、さてどのようになるのでしょうか?

明日からアトピーについて考えてみます。

by ひらおか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です