皮膚のバリア機能の低下がアトピーを引き起こす

(3)皮膚のバリア機能の低下

皮膚のバリア機能が低いのでしょうか?
僕はまったくウールが着れません。
直接肌に触れるとチクチクして、かゆくてかゆくて、真っ赤になります。
また、ある特定の洗濯用洗剤を使うと同じような症状になります。
これは今でも治りません。

でも、アトピーは今はありません。
アトピーがひどい頃は入浴の後にワセリンを使っていました。
ちょっとベタベタするのですが、乾燥肌を防止するのには一番効果があったような気がします。
また、入浴の心得としては絶対に熱いお湯には入らないということです。
熱いお湯に入ると入浴後、水蒸気と一緒に肌の水分も奪われてしまいます。
乾燥肌になると表皮が荒れて、雑菌の侵入を招くことになります。
乾燥を防ぐには、冷たいくらいのお湯に長く入り、表皮に水分を十分に補給することを心がけていました。

もうひとつの大敵は汗。
汗によって花粉や埃が皮膚に付きやすくなり、雑菌を繁殖させる温床ともなります。
常に清潔を保つためにも、お湯に浸かって毛穴の奥の汚れも洗い流しましょう。

お風呂と美容、痩身の関係から急にアトピー性皮膚炎に発展してしまいましたが、お湯に浸かることは本当に様々にいいこと尽くめですね。
やっぱりお風呂に入らないなんて、絶対にもったいないです。
一日の終わりにはお風呂。
それが出来なければ、せめて週末だけでも湯船に浸かってみてはいかがでしょうか。
明日は土曜日。おうちおんせんで週末エステ!

20150612

by ひらおか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です