痩せる細胞・褐色脂肪細胞ってご存知でしたか?

昨日書いたように、僕は熱いお湯が大好きです。
温泉ばかり入っていたら、熱めのお湯に入らないと、入った気がしない、そんなふうになってしまったようです。
なので人と比べると疲労回復や美肌効果、ダイエット効果があるヒートショックプロテインが出にくいのかもしれませんね(T_T)

そういえば最近知って1週間ほど前から人体実験をはじめたダイエット入浴法をお伝えします。
お盆休みに蓄えられた白色脂肪細胞をやっつけろ!痩せる細胞・褐色脂肪細胞活性ダイエット!!
そんな感じのプログラムです。

脂肪というと、食べ過ぎ飲み過ぎでどんどん蓄えられる、肥満の元凶と思っていました。
ところが人体には脂肪は2種類あるそうです。
その一つが、「白色脂肪細胞」です。
こちらが肥満の大敵です。
そしてもう一つが「褐色脂肪細胞」というそうです。
こちらは「白色脂肪細胞」を燃焼しながら体温を上げる細胞ということです。
なので痩せる細胞と呼ばれています。
脂肪を燃焼するのは筋肉だけだと思っていました。

そして褐色脂肪細胞は首の周り、脇の下、肩甲骨の周り、心臓、腎臓の周りと、体のごく一部にしか存在せず、脂肪細胞のうちたった1%だけのようです。また乳幼児には多く、成長するにつれて少なくなっていくのも特徴のようです。
こんな目立たない存在の、褐色脂肪細胞に元気よく働いて貰わないと、脂肪が燃焼されません。

では、どのようにすると褐色脂肪細胞は活性化するのでしょうか?
それが、ヒートショックならぬ、コールドショックということだそうです。
肩から背中にかけて一番褐色脂肪細胞が集中している場所にシャワーなどで冷水をかける。
そうすることにより、ビックリして活性化するようです。

本当かどうか?現在人体実験中!

20150826

by ひらおか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です