ofclayのこと 入浴・入浴剤のこと

脳を活性化する香りのお話

昨日ぼんやりテレビを見ていたら、テレビ東京系列の日曜ビッグ「世界は奇跡で出来ている」という番組で、脳科学者の中野信子先生がこんな話しをしていました。

脳が10%しか使われていないというのは迷信。脳は死ぬまで成長し続けるし、記憶は脳に残っている。ただ、引き出すのに時間がかかるだけだと語っておられました。

そして、香りを勉強した時に同じことを香りの側面から教えて頂いたことがありましたが、人間の五感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)のうちで、香りは脳の一番奥を直接刺激して、記憶として仕舞い込まれるそうです。
こんなことを勉強しながらオブクレイの香りは選定していました。

そして今回、中野先生はヒノキの香りを嗅ぐと、αピネンという物質が脳を活性化させると言われていました。
ヒノキの香りを嗅ぎながら勉強するといいということでしょうか。

αピネンはヒノキの他にも、スギ、ヒバ、モミ、ユーカリ、フランキンセンスなどの精油にも含まれいるようです。

つまりnukumoriの香りbright forest(シダーウッド(スギ)、ユーカリ、ライム、ヒバ、ジンジャー 精油100%)には脳を活性化する働きがあるということでしょうか?
朝晩涼しくなってきたことだし、早速nukumoriを買って帰って、今日から脳を若返らせるとしよう!

20160912

by ひらおか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です