温泉・銭湯のこと 中部

信州の秋 高山温泉郷山田温泉

体育の日の3連休、あいにくの天候でしたが信州に遊びに行ってきました。
当初の予定は山登りでしたが、天候不順ということで、ワインとリンゴと蕎麦と温泉を求めての旅となりました。

ここ最近チケットが取れずに参加出来ずにいる、塩尻ワイナリーをフェスタ外めぐりしてきました。
数箇所は試飲もさせていただけて、お気に入りを見つけ購入。

そして、リンゴの季節到来です。各地でリンゴ祭りも催されていました。
リンゴの試食、ジュースの試飲をさせていただき、品種によっての味の違いを堪能。
僕好みはシナノスイート、ジュースはサンふじでした。
すごくお値打ちに販売していましたので、リンゴの大人買いをしてきました。

20161020%ef%bc%bf1

そして温泉は高山温泉郷の山田温泉大湯をいただいてきました。
朝6時からやっていて、300円で入浴できる、街の方に愛されている共同浴場です。
佇まいは純日本建築。
開湯して200年余り、江戸時代には小林一茶、明治、大正にかけては森鴎外や与謝野晶子などの文化人も訪れたとか。
泉質は含硫黄・カルシウム・ナトリウム塩化物泉(硫化水素型)
源泉掛け流しで、お湯の中には湯の花が舞い、ほのかに硫黄の香りも漂っている、かなり高温の温泉らしい温泉でした。

20161020_2

そして、ここの温泉の特長はカラン(カランとはお湯を汲む蛇口のこと)
誰がこの構造を考えたのでしょうか?趣きありますよね。

20161020_3

さぁ!「温泉の秋」本番。
オブクレイのおうち“おんせん”に負けない温泉を探しに出かけましょう!(上から~ (^_-) )

by ひらおか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です