入浴・入浴剤のこと 四方山話

ガス器具を交換することに

「まだ新しいですね」と言われながらも、ダメになってしまったものは仕方がない。
特に火気器具は、間違ったら火災になりかねないので、早めの交換が望ましいと決断!

このブログでも紹介させていただいた、グリルが決め手であったガスコンロ。
そのグリル部分のガスが通る管に1箇所亀裂が有り、その部分だけ火が大きくなって魚が焦げてしまう。
それでもだましだまし使っていたのだが、ついにグリルの扉を少し開けておかないと火が消えてしまうようになったので、これでもう諦めがつきました。
天板部分はガラス製なので綺麗だったのですが、魚好きの僕にはコンロが使えないのは致命的でした。

新しいガステーブルはこちら。ノーリツ製になりました。

あわせてガス給湯器もついに交換することにしました。

こちらはよく頑張ってくれました。
20年以上酷使し続けてきた割りに、毎日毎日よく働いてくれました。
しかし、二月ほど前から3回ほど給湯温度が勝手に変更される現象が現れました。
通常は40℃に設定してあるのですが、しらないうちに60℃になってしまうのです。
60℃以外にはならないのですが、ちょっと気持ちが悪いし20年も頑張れば寿命だろうとも思うので一緒に交換して頂くことにしました。
我が家では入浴剤の研究開発もあるので、いろいろな入浴剤を毎日使うし、異常と思われるほどの量を投入することもあります。
それでも耐え抜いてくれたこいつには感謝しかありません。
長い間ありがとう!

2代目はリンナイ製になりました。
こいつにも頑張って貰いたいものだ!

by ひらおか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

タグ: , , , , ,