新宿で見る部分日食は真っ白でした。26年後の次に期待を!

さぁ、やって参りました。
世紀の天体ショー、皆既日食でございます。

我が東京オフィスのメンバー一同、固唾を飲んでその一瞬を待ちました。

・・・・・・・・・・・・。

CA3A0052.JPGうーむ。特に変化なし。
晴れていたら、きっとワクワクして見ていたのでしょうが、曇りじゃ仕方ないですね。

仕方がないで済まないのは悪石島に渡った方々?
テレビ画面で見ているこちらの方が申し訳ない気分でいっぱいでした。
自然が相手の事なので、こればっかりは運次第という所でしょうか・・・。

今度日本で皆既日食が見られるのはいつか調べてみました。

次に日本で見られるのが26年後。場所は能登半島から茨城県あたりだそうです。

次の皆既日食は26年後 – 満天別館~プラネタリウム運営ブログ~ | コニカミノルタ

26年後の西暦2035年。
あなたはどこで何をしていますか?
コニカミノルタの満点別館さんのように、26年後の自分に手紙を書くなんていうのもステキな話ですね。(イベントの募集受付は終了されています)

26年後、私たちの会社はキラキラと光り輝くダイヤモンドリングのような、温泉入浴剤のトップメーカーになっているに違いありません。
日食の日だけにうまいこといいますね。

by たなか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です