日経MJ「1000人の家計簿」入浴剤

2月に入りましたが寒い日が続きます。

入浴剤に関する記事をみつけました。

インターネット調査会社のマクロミルによる、昨年12月実施のインターネット調査。
全国の20~60代の男女1000人からの回答。

●入浴時間=「15分以上30分未満」53.6%
      「30分以上45分未満」18.1%
      「15分未満」     17.6%

●過去1年に入浴剤を使った=67.8%
 ほぼ毎日利用=17.6%
(男性18.6%、女性16.6% 50代男性、40代女性は2割を超える)

●購入の際に重視する点
  1位 疲労回復=56.6%(男性1位56.0%)
  2位 リラックス、気分転換(女性1位61.3%)
  3位 体が温まる、冷え性対策(女性53.0% 男性34.8%)
  4位 香りが良い(女性が男性より10ポイント以上高い)
  5位 肩こり、腰痛が和らぐ
  6位 肌がすべすべになりそう(女性が男性より10ポイント以上高い)

●平均月額金額
  500円以上1000円未満=34.3%
  300円以上500円未満=28.6%
  男性平均850円,女性平均=750円

●使用状況
  年間を通して=20.5%
  寒い冬場=15.6%

●いろいろな種類を使う=32.7%
 決まったものをじっくり使う=12.0%

うちの入浴剤のお客様は冷え症対策が1番、乾燥肌・痒み肌が2番、疲労回復が3番そんな感じでしょうか。
夏場は温まり過ぎるので夏場以外は毎日、決まったものをじっくり派のお客様が多いのでは。
購入ポイントの「リラックス、気分転換、香りが良い」ここは弱いところです。ここにも力を入れなければいけませんね。温泉成分配合だけに湯治的な感覚ばかりが先行してしまいます。

by ひらおか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です