製法名:『スロー リアクト製法』

うちの入浴剤はちょっと変わった製造方法によって作られています。
その製法を今まで48年もの長き間「当社独自の製法」といいながら、実は名前がありませんでした。
そこで今回、社内公募を行い。みんなで名前を考えてみました。

じゃじゃぁぁぁん!

『スロー リアクト製法』といいます。

107.jpgスローリアクト製法を解説しますと、

全く正反対の物質(酸とアルカリ)を混合させると熱を発し、互いに反応しあいます。
こうした化学反応を制御し、温熱と冷却を交互に加えることで両者を一体化。
二十数時間をかけ安定的な状態へとコントロールします。
この過程を当社では「熟成」と呼んでいます。
「撹拌⇒混合⇒温熱⇒冷却⇒熟成」手間と暇をかけ、じっくりと仕上げていきます。

こうしてできた入浴剤は、お風呂に入れたときに、ヒドロ炭酸イオンを発生し、たちまちのうちに弱アルカリ性のおだやかでマイルドなお湯へと変わります。
手を入れるとお湯はとろりと指にからみ、温泉に近い肌ざわりと、ぬくもりが感じられます。
大自然の温泉のめぐみを、ご家庭で安心してお楽しみいただくために、天然湯の花の栽培から自然派入浴剤へと、一貫した生産管理の中、長い時間をかけて、製品化されます。

108.jpgといった説明となります。
いかがでしょうか。
こんな入浴剤を一度使ってみたくありませんか。

by ひらおか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です