学習帳 四方山話 左党

GWを利用して北海道を堪能!その二 伝統と格式のニッカ

小樽でうに丼を堪能した後、もう少し足を伸ばしてニッカウヰスキー㈱様の創業の地、北海道工場がある余市町へ。

DSCN0881.jpgガイドさんの案内を伺いながら伝統と格式あふれる工場内を見学させていただきました。ありがとうございました。

サントリーさんの山崎蒸溜所、白州蒸溜所も素敵でしたが、北海道という大自然の中にある余市蒸溜所はひと味も、ふた味も違う重厚さが感じられました。

DSCN0888.jpg今では、世界でも余市蒸溜所だけに唯一残る「石炭直火蒸溜」という方式が、1934年の創業以来、受け継がれているそうです。ポットスチルの前に山積にされた石炭を見学しながら、こだわりを崩さない頑固さに、魅力を感じました。
また、職人さんの匠の技から生み出される樽に納められ、貯蔵庫の中で長い歳月を費やして生まれる琥珀色の芳醇な芸術的な逸品を、しっかり味あわせていただきたいと思います。

DSCN1032.jpg小樽に戻りホテルのラウンジでウイスキーを飲みながら、ウェイターさんとお話しさせていただいて、ちょっとショック!
「余市工場へ行かれたのですか。では私たちの聖地、竹鶴政孝氏とリタ婦人のお墓へも行かれましたか?」「えっ?どこにあるんですか。」「工場が見渡せる小高い丘にあるんですよ。」「知りませんでした。次に行くときには是非。」
日本ウイスキー生みの親、竹鶴政孝氏についても、もっと深く知りたくなりました。

by ひらおか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です