四方山話 右党

山梨県で一番古いお蕎麦屋さん奥村本店

ワインツーリズムのバスツアーの前に軽くそばをいただいてからと思い奥村本店様へ。

DSCN1213.jpgここ奥村本店様は「ワインツーリズム2010ガイドブック」によりますと、県内で一番古いお蕎麦屋さんということで、所謂老舗。入り口奥にも「味の老舗会」という立派な看板がありました。

DSCN1223.jpgガイドブックに書かれているのを信じて11時に到着。2分待っても5分待っても一向に開店する様子がありません。どうして?とちょっと怒りながらお店をノックしました。
「すみません。11時半からになります。」「え~、ガイドブックには11時からとなっていますけど。」「すみません。ガイドブックの間違いですね。」などと会話が交わされて、結局まだ準備が整っておらず待つことに。しかし、ここからが老舗の老舗たる所以。「どうぞ、中にお入りになってお休みください。」と言いながらお茶を出してくださり、新聞を持ってきていただき、メニューの説明もしていただいて、すごく気持ち良く待たせていただきました。

DSCN1215.jpgメニューに「生粉打(きこうち)そば」というものがあり、限定20食と書いてあったので非常にそそられましたが、店員さんに「生粉打そばは十割そばで、そば本来の味をお楽しみいただけますが、もりそばも九割そばなのでお勧めですよ」と1,470円の生粉打そばではなく750円のもりを勧めていただけき妙に感動しました。

DSCN1219.jpg確かにこのお蕎麦すごく美味しかったです。
by ひらおか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です