四方山話

ラーメン激戦区に「龍の家」新宿小滝橋通り店がいつの間にか開店していた

CA3A0048.JPG7月11日の土曜日に開店した龍の家さんです。
とんこつスープの久留米ラーメンのお店だそうです。
昨日の夕方、店の前で呼び込みのお兄さんがウチワを配りながらPRしていました。
気温が30度オーバーでしたから、ラーメン屋さんはちょっと苦戦中…かも。

そのちょっと先に、すた丼のお店「伝説のすた丼 新宿店」があるのですが、2009年3月の開店時、2日間のすた丼100円キャンペーンをやったんですよ。
両日大行列でマスコミでも報道され、たくさんの人たちによってブログで取り上げられました。
小滝橋通りの勤め人へのインパクトはものすごくあったと思います。
いまでも行列はできないまでもコンスタントにお客さんが入っています。

小滝橋通りのサラリーマンは安くて旨いお店をたくさん知っているんですよ。
これまでに色んなお店が出来ては潰れして、お店が閉店することには慣れきっています。
普通の味で普通の値段をつけているような普通のお店はバタバタ閉店しちゃいます。怖い所です。
あまり知名度のないお店さんがこの界隈でリピーターを獲得するためには、インパクトの強いキャンペーンを行って、まずは来店してもらうような工夫が必要ですね。

北海道らーめん貫」「味噌屋八郎商店」「龍の家」と、短期間の間に3店がここ小滝橋通りに出来ました。
今年の秋口、少し涼しくなってきた頃から本格的なラーメンの激戦区の様相が垣間見れることでしょう。
私はとんこつラーメンが好きなので、なんとか「龍の家」さんには頑張って欲しいです。
家系ラーメンとばっかり思っていたのですが、違いました^^;

By たなか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です