富士ゼロックス東京さんのセミナーに行ってきました。

「上機嫌を作り出す色の活用とビジネス風水」というテーマで有限会社ケー・ウィッシュ(DAIGOさんみたいですね)の代表 桑名涼子氏の公演でした。

現代人の生活では、左脳を使っていることが多いようです。
言葉を話したり、計算を行ったり、耳で声を理解したり。
これは左脳の働きで、無意識のうちに使っているとのことです。

それにひきかえ右脳は、イメージ力や直感性、芸術性を働かせる所であるため、普段の生活では使われ難いという事です。

それでは、強制的に右脳を使うためには、どうしたら良いのでしょうか。

生活に違和感を与え、本能にスイッチを入れるということだそうです。

自ら違和感をつくる。
普段の生活スタイルを破る努力をする。
居心地のいいテリトリーから脱却する。

生活に違和感を与える簡単は方法として、日曜日に一週間の色を決めて、毎日違う色の服を着て行くと良いそうです。
男性は下着の色を変えたり、ネクタイの色とか、ハンカチの色を変えて行くだけでも良いそうです。

一度試してみたいと思います。

 

by ひらおか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です