四方山話

冷麺でもなく冷やし中華でもない「冷やしラーメン」 -山形グルメ編その3-

ワタクシ、何でも「元祖」という名のつくところには、ついつい足が向いてしまいます。
今回、山形グルメの目玉として、「冷やしラーメン」の元祖、栄屋本店さんに行ってきました。

hiyashi.jpgどうですか、このめちゃめちゃ美味しそうな一杯・・・。
まずはスープをひとくち。
ふわりと口いっぱいに広がる滋味、さわやかで風味豊かなスープのコク。
よく締まってコシのある麺も最高です。

この冷やしラーメンですが、常連のお客さんの何気ない一言から生まれたんですね。

常連のお客さんが「夏には冷たい蕎麦を食べるんだから、ラーメンも冷たいのが食べたいな」と言いました。そんなお客さんの何げない一言が店主の心に残り、「冷しラーメン」開発のきっかけとなったのだそうです。(山形ラーメンこだわり街道【山形ラーメン】山形県ホームページ

冷たいラーメンなんて意味わかんない!とつっぱねないで、商品開発につなげた栄屋本店さんってすばらしいですね。
昭和27年の商品誕生から57年たった今でも、色あせることなく当時と同じ輝きを放っています。

私たちもお客様の声をしっかり聞くことが大切ですね。
まったく想像すらできないような突拍子もないヒント、見つかるかもしれません。

栄屋本店さんで冷やしラーメンをいただきながら、ウチも末永く愛される商品を作らなきゃいけないなぁと改めて思いました。

【関連記事】
ひやむぎ売り場に、なぜサバ缶が山積みなのか? -山形グルメ編その1-
山形の万能調味料「味マルジュウ」って何だ? -山形グルメ編その2-

By たなか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

タグ: ,