四方山話

西新宿・小滝橋通りにローソンが登場!一触即発のコンビニ戦争か?!

つい先日、小滝橋通りの西新宿保健センターのところの交差点にセブンイレブンができたと思ったら、今度はローソンができるようですね。
場所は、以前うなぎ屋「菊川さん」のあったビルのちょい手前。
そうそう、以前は1000円でうなぎのランチが食べられたんですよねー。
懐かしいなぁ。(もちろんゴチめし)

090902_0821~0001.jpgこの小滝橋通り、飲食店とコンビニには苦労しません。
ラーメン屋さんが軒を連ねたり、コンビニが隣同士に出来たり。
マーケティング用語で、これを「ドミナント戦略」と呼ぶそうです。

小売業がチェーン展開をする場合に、地域を特定し、その特定地域内に集中した店舗展開を行うことで経営効率を高める一方で、地域内でのシェアを拡大し、他小売業の優位に立つことを狙う戦略をドミナント戦略といいます。ドミナント戦略 – J-marketing.net produced by JMR生活総合研究所

お店が集中していれば、確かにユーザーの利便性はあがりますよね。
でもきっとコンビニ店長さんは戦々恐々としているはず…。
その中から他社を出し抜くアイデアが生まれてくるんでしょうね。

小滝橋通りもそうですが、東京都内がめまぐるしく動いているような感じがヒシヒシと伝わります。
この街は目に見える形で時代の流れ「時流」を感じることができます。

By たなか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

タグ: