四方山話

木のぬくもりが癒されますね。間引きしたヒノキ”がケータイになっちゃいました。

最先端のデジタルグッズにアナログ感をプラスした製品って結構ありますよね。

この度、ドコモさんから間引きされたヒノキを利用した携帯が上市されるようです。

l_sa_wood01.jpg“間引きしたヒノキ”がケータイに――ドコモが「TOUCH WOOD」を試作

近未来的なデザインって、実はメタリックでクールなものではなく、本当はアナログ感が漂うものなのかもしれませんね。

日本には伝統的な和の文化があり、それを生活に取り入れることが未来の生活のような気がします。
コミュニケーションの文化や食文化、お風呂文化やその他私たちの生活から切り離せないところに日本人が持つ特有の美意識をトッピングすると、より一層生活が豊かになるように思います。

このヒノキを使ったやわらかい曲線のケータイを見て、ふとそう思いました。

by たなか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です