四方山話

国際都市・新宿のオリコミ広告はやはり国際的だった-しんじゅく多文化共生プラザ

チーム・ゼロピーの東京オフィスはラーメンとコンビニと居酒屋が密集する西新宿の小滝橋通りにあります。
このあたりは非常に国際色が強く、道行く人のほとんどが外国人じゃないの?と思うくらい、世界各国の言葉が飛び交っております。

ちょっと気になったので、新宿区の外国人登録者数を調べてみたところ、平成21年1月1日現在で33,555人でした。
http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/division/210101kikaku/tokei/2009/GaikyoH21_01.pdf
↑↑↑ PDFファイルです。

私たちの会社の本社がある坂祝町の人口が8,577人ですから、いかに多いかがお分かりいただけるかと思います。

何でこんなのを調べようかと思ったのは、新聞のオリコミ広告に画像のようなものが入っていたからなんですよ、はい、画像ドン。

CA3A0128.JPGよく見るとしんじゅく多文化共生プラザというところが発行しているもので、英語、韓国語、中国語と多言語で書かれたチラシでした。
外国人から見た日本って面白いところがいっぱいなんでしょうねー。
国内ですら地域の文化の違いを面白おかしく描いて番組作っちゃうくらいですからね。

私は海外旅行が大好きなのでちょいちょい行かせてもらっていますが、1週間も海外旅行をすると、だんだんと日本の文化が恋しくなってきませんか?
食べ物や飲み物、着る物もそうですが、やはりなんといっても深い湯船にどっぷりと浸かり、頭の先からつま先までお湯に身を委ねる「お風呂文化」というものは日本の誇る最高の文化だと思います。

新宿に住む外国の方々にも、日本のお風呂のよさを理解して頂ければなぁと思いました。

この記事を書いているときに、

【米国のアンケ】米国人が見たとても奇妙な日本人の生活
「日本は自販機でビール売ってる!」「夜にお風呂につかる!」「巨大なスズメ蜂がいる!」…米国人が見た「日本の変なこと」

という記事を見つけたのですが、やっぱり日本は変わった国として映っている・・・かも?(笑)

By たなか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です