売らない営業

IMG_7897.jpg

9月30日に「暮らしの根っこ はじめの一歩フェスタ」という催し物を紹介させていただきましたが、当日には僕たちチーム・ゼロピーも講演を拝聴しにお邪魔いたしました。

イベントに参加者された方に、東京ガスで沸かしたお家のお風呂を、温泉に変えていただき、疲れを流していただけるようにと、自慢の温泉入浴剤を協賛させていただきました。

そしたら、イベント関係者となってしまい特等席でお話を聞くことができました。
ありがとうございました。

講演の内容は「ワタシが主役が消費を動かす」という本に添ってのお話しでしたので、是非お読みいただき、今後のマーケティングの参考にされてみてはいかがかなっと思いました。
僕たちもまだ読み終わっていませし、実行に移したわけでもありませんので偉そうなことは言えませんが・・・。

講演の中で、トヨタカローラ徳島さんの竹内専務さまが、社内で取り組まれた女性だけのチームウーマンリーの活躍をご紹介してくださいました。
営業をはじめ、サービス、総務、様々なセクションから集まった女性スタッフたちが、車と言うモノから販売を考えるのではなく、女性の目線、消費者の目線、主婦の目線から、コトを提案し、お客様に気軽に集まっていただける場所を提供し、会社のファーンになっていただき、モノを求めいただく。
チームウーマンリーの活躍はメーカーであるトヨタ自動車さんをも動かし、チームウーマンリーが企画した特別仕様の車が誕生したこともお話されていました。

自動車ディーラーといえば、基本おとこの世界。競争の社会のような気がしますが・・。

以前にも、現在横浜市長の林氏の講演を聞かせていただいたこともありますが、おとこの戦場にいかに女性ならではの視点を持ち込むか、おとこの競争の社会の中で、女性ならではの気配りが、部下を動かし、消費を動かす的なお話を聞かせていただいたことも思い出します。

営業の世の中に、本当に根底から売らない営業が成り立つのでしょうか。
無理強いをするのも、されるのはもっと嫌なことですし、ノルマのない世界は訪れるのでしょうか。

そんな世の中を夢見て、日々マーケティングとは何かを考えております。

by ひらおか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です